翻訳家による翻訳できない言葉の話

日本語と英語の狭間で呻吟し、言葉を超えたものに思いを馳せる翻訳家のエッセイ

Category [英語学習法 ] 記事一覧

スポンサーサイト

フォニックスと英語の発音

このブログを読んでくださった方から、フォニックスについてどう思うかと意見を求められたので、フォニックスと発音について書こうと思います。ウィキペディアをご覧になればわかるとおり、フォニックスは英語圏の子供たちに英語の読み書きを教えるメソッドです。教えるのは「読み書き」です。正しい発音を教えるためのメソッドではありません。 英語圏の子供たちは、初等教育を受けるころには、英語の正しい発音はすでに身につけ...

すっと英語が出てくるようになるには

 高校卒業まで6年、あるいは大学も入れて10年も英語を勉強したのに喋れるようにならないと感じている日本人のあいだで、スカイプを使った安価なフリーカンバセーションの英会話スクールに人気が集まっているようですね。  NHKラジオで『英会話タイムトライアル』という新番組が始まったのをご存じですか? 言いたいことを瞬時に言えるようになるためのトレーニングを主眼としているようです。2部構成になっていて、最初...

子どものように

 日本語を学んでいる韓国人女性、Hさんが、文章のなかに「出方」という表現を使う場合と「態度」という表現を使う場合では、文章の雰囲気はどのように変わりますかと、語学学習サイトで日本人に尋ねました。 それに対してわたしは、「出方」と「態度」は文章の雰囲気を変えるだけでなく、言葉の意味そのものが違いますと説明しました。 Hさんによると、辞書を引くと「出方」と「態度」は同じような意味だと説明されていたので、...

Lang-8の使い方

  Lang-8で出会った日本語学習者の話を書いてきましたので、Lang-8をお勧めしているように見えたかもしれません。使い方によっては役に立つサイトですが、いくつか気になった点がありますので、それについて書いてみたいと思います。  わたしがLang-8を知ったのは、奇妙な英語のブログに出会ったことがきっかけでした。なにか調べものをしていてグーグルで検索した英語のサイトのなかに、どう見てもネイティヴ・スピーカーが書...

2年で日本語が堪能になったアメリカ人(番外編)

   日本語を学びはじめてから2年半、一度も日本語を話したことがなかったJさんが、日本語の文章を声に出して読み、それを録音してlang-8上で公開しました。  日本で長年暮らしている英語のネイティヴ・スピーカーのような話し方でした。英語のネイティヴ・スピーカーに特有の抑揚や、不自然なリズムがほとんど感じられません。また、スピードが自然です。外国人がたどたどしく日本語を話しているような話し方ではありません。...

左サイドMenu

プロフィール

May

Author:May
翻訳家。フリーランスになって24年。出版翻訳専門。京都府在住。

全記事表示リンク

メールフォーム

関心を持ってくださってありがとうございます。メールにはお名前をお書き添えください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。