翻訳家による翻訳できない言葉の話

日本語と英語の狭間で呻吟し、言葉を超えたものに思いを馳せる翻訳家のエッセイ

Archive [2011年08月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

2年で日本語が堪能になったアメリカ人(2)

 日本語を学びはじめて3か月ほど経ったとき、Jさんは日本人が書いたブログや日本語のQ&Aサイトを読みはじめました。常用漢字とひらがな、カタカナはすでに暗記しおえていたものの、文法の勉強をなにもしないままに文章を読みはじめたのです。  普通、高校や大学、日本語学校などで日本語を学ぶ外国人なら、「わたしは○○です」というような文章から習うのではないでしょうか。そして「は」は助詞で、日本語は主語が来て、助...

左サイドMenu

プロフィール

May

Author:May
翻訳家。フリーランスになって24年。出版翻訳専門。京都府在住。

全記事表示リンク

メールフォーム

関心を持ってくださってありがとうございます。メールにはお名前をお書き添えください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。