翻訳家による翻訳できない言葉の話

日本語と英語の狭間で呻吟し、言葉を超えたものに思いを馳せる翻訳家のエッセイ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの英語学習法(6)


 帰国後、英会話講師や秘書などの仕事を経て、わたしは書籍の翻訳を専門とするフリーランスの翻訳家になりました。おもにフィクションを翻訳しています。

  翻訳家になってからは、英語の勉強はしていません。仕事で英文は読みますし、興味がある分野の本は原書で読むことが多いですが、英語力を高めるために積極的に海外ドラマのDVDを観たり、BBCを聴いたりということは、いっさいしませんでした。

  わたしは英語の本を日本語に翻訳していますから、日本語の文章を書くことが仕事です。英語の世界にどっぷり浸ってしまうと、日本語の感覚が鈍りそうで怖いので、英語を話したり聴いたりということは、むしろ遠ざけてきました。

  英文を読んでいてわからないところが出てきたら、調べることができます。インターネットのおかげで、20年前に比べても調べ物はぐんと楽になりました。また、著者とメールで直接やりとりできますから、どうしても解釈に困る箇所があれば、著者に尋ねることもできます。英語の読解に関しては、いくらでも助けを借りることができるわけです。

  一方で、日本語の文章をほかの人に代わりに書いてもらうことはできません。ですから、英文の感覚に引きずられることなしに、英語をいかにして自然な日本語に置き換えるかということに集中してきました。

  ところが最近、ふと、英語でブログを始めたいと思ったのです。英文を書くことなど考えてみたこともなかったのに、海外でほとんど紹介されていない日本の神道や神話について、書いてみたいと思いました。

  ブログはまだアイデアの段階にすぎないのですが、ひょんなことからlang-8という、「わたしの英語学習法(1)」でご紹介した添削サイトを見つけてメンバーになり、腕試しに久しぶりに英文を書いてみました。

  すると驚いたことに、すらすら書けるのです。わたしはイギリスから帰国した2年後に、ある大手自動車会社の業務マニュアルを英訳したことがありました。その翻訳の仕事には4か月かかったのですが、わたしが本格的に英文を書いたのは、そのときだけです。それ以来、たまに友人にメールを送るときくらいしか、英文を書く機会はありませんでした。

  にもかかわらず、どういうわけか、英文を書く能力が20年前よりも上がっているのを感じました。20年間、英語の本を読んできたおかげで、頭のなかに英文のサンプルがたくさん詰まっているのです。それが英文を書いているときに、ひょいと浮かびあがってきます。浮かんだ表現をタイプするだけで、それほど苦労せずに英文ができあがります。

  わたしの英文を読んだ英語のネイティヴスピーカーは、わたしが翻訳家だから、英文を書く訓練を積んできたと思ったようです。じつはわたしは英文和訳を専門としていて、英文を書いた経験はほとんどないのだと申し上げると、びっくりなさいます。

 英語を話した経験がなかったにもかかわらず、イギリスに着いたら日常会話に不自由しなかったのと同じ現象が起きたわけです。つまり大切なのはインプットだということでしょう。わたしは1年に2通か3通、友人に英文メールを書く以外は英文をまったく書いていませんでしたし、英語を話すこともめったになかったので、英語のアウトプットの練習はしていなかったのです。それでもインプットさえしていればアウトプットはできるということを、わたしのこの経験は証明しているように思います。

 ただ、わたしは20年間も英文を読んできました。いくらインプットが大事だと言っても、20年も経たなければまともな英文が書けるようにならないのであれば実践的とは言えません。そこでご紹介したいのが、lang-8で出会った外国人の外国語学習法です。

  lang-8で外国人の書く日本語を添削しているうちに、わたしよりもはるかに短い期間で、もっと効率よく外国語を身につけた人たちがいることに気づきました。そのうちひとりは2年前から独学で日本語を学びはじめたアメリカ人です。この方は日本人顔負けのユーモラスな文章を書きます。しかも、まちがいがほとんどありません。また、文法的に正しいだけでなく、日本人が書いたのかと思うくらい文章が自然です。

  この方は学生ではなく、フルタイムでお仕事をなさっています。日本語学習は趣味にすぎないのです。また、おもしろいことに、この方は学生時代にスペイン語を7年間勉強したにもかかわらず、スペイン語を話せるようにはならなかったといいます。就職してからも、外国語を学びたいという気持ちはありながら、自分には無理だとなかば諦めていたとのこと。それがあるときふと一念発起して、外国語の習得法をいろいろ調べ、これだと思う学習法に出会いました。ポーランド人が提唱しているAntimoonメソッドという学習法です。

  学生時代に7年間スペイン語を勉強してもスペイン語をものにすることができなかったアメリカ人が、わずか2年でびっくりするくらい自然な日本語を書けるようになった外国語学習法を知りたいと思いませんか? 

  次回はAntimoonメソッドの特徴をご紹介したいと思います。

左サイドMenu

プロフィール

May

Author:May
翻訳家。フリーランスになって24年。出版翻訳専門。京都府在住。

全記事表示リンク

メールフォーム

関心を持ってくださってありがとうございます。メールにはお名前をお書き添えください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。