翻訳家による翻訳できない言葉の話

日本語と英語の狭間で呻吟し、言葉を超えたものに思いを馳せる翻訳家のエッセイ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Antimoonの6原則(やる気)

 
   英語が堪能になった人とそうでない人のちがいは、英語を学ぶのが好きだったかどうかだと思います。すでに書きましたが、外国語を習得するのに、特別に高い知能は必要ないと、わたしは信じています。数学や物理とちがって、外国語は正しい答えを考える必要がないからです。答えはすでに出ています。ネイティヴスピーカーの言葉の使い方が正しいのですから、それを真似すればいいだけです。身につくまで繰り返し真似をできるかどうかが、外国語を習得できるかどうかの鍵だと思います。

 わたしは海沿いの町に住んでいるのですが、真冬の寒い日に、サーファーが海に出てサーフィンをしているのを見かけます。彼らを見るたびに、「人それぞれだなあ」と思います。わたしだったらどんなにお金を積まれても、サーフボードに腹這いになって真冬の海に出ていって、冷たい海のなかで何十分も波を待ち、ようやく来た理想の波に乗るためにサーフボードの上に立ち上がって、ほんの数秒間快感を味わったら、また同じことを最初から繰り返すという行為に挑みたいとは思いません。

 でも冬の海でサーフィンをしている人たちは、それが楽しいのですよね。外国語の勉強もそれと同じです。よく「英語が大好きなんです。だからできるようになりたいんです」と言いながら、実際には英語学習に時間を割こうとしない人たちがいます。ほんとうに好きだったら、やらずにいられないはずです。そういう人は、「英語ができるようになったときの自分」にあこがれているだけで、英語が好きなわけではないように見えます。

 また、「英語は大嫌いだけど、これからは英語ぐらいできないとだめだから、しかたなく勉強している」という人も多いと思います。英語が嫌いな人にとって、英語はつねに「いやなこと」というイメージと結びついています。いやなことをするのは、だれでも億劫なものです。苦手意識や嫌悪感を持ったまま英語に取り組むのは効率が悪いのではないでしょうか。

 どうすれば英語を学ぶことが楽しくなるのか。それを考えて楽しく学べる工夫をするのは、エネルギーと時間の節約につながると思います。

 日本人は英語ができないと、よく言われます。そのとおりかもしれませんが、ほとんどの日本人は英語ができるようになる必要がないと、わたしは考えています。日本人の多くは、日本は狭くて小さな国だと思っています。英語くらいできなければ、これからの国際化社会でやっていけないと信じている人が多いようです。けれど、日本は小さな国ではありません。人口は1億人を軽く超えているのです。世界には、日本よりもはるかに人口の少ない国がたくさんあります。

 人口が少ない国では、自国語の娯楽はとてもかぎられています。映画、本、音楽、テレビ番組。どれをとっても、おもしろいものに接したかったら、外国語を身につけるしかないという状況の国がたくさんあります。人口が少なければ、マーケットが小さいわけですから、よほどのベストセラーになる本しかその国の言葉に翻訳されません。

 日本は人口が1億人以上もいる上に、日本人というのは外国の文化に対する好奇心が旺盛です。わたしは翻訳を仕事にしていますが、小説の翻訳だけで生活していける国というのは、世界的に見てもめずらしいのです。英語圏である程度の部数が売れた本は、フィクション、ノンフィクションを問わずに、たいてい日本語に翻訳されます。映画も、かなりマイナーな通好みの作品ですら、そういった作品を専門に上映している映画館で字幕つきで観ることができます。

 海外のニュースもいち早く日本語に翻訳され、テレビで観たりネット上で読んだりすることができます。もちろん英語でしか手に入らない情報もありますが、たいていの人にとっては日本語だけでこと足ります。日本人はとても恵まれた環境で生活しているのです。

 ほんとうに英語が必要ですか? 「いやだなあ」と思いながら、したくもない英語の勉強をするよりも、大好きなサーフィンをしたほうがいいかもしれませんよ。なぜ英語を学ぶのか、ほんとうに英語が必要なのかどうか、よく考えてみることをお勧めします。

Antimoonのサイトの「やる気」に関するページのURLを以下に貼っておきます。
http://www.antimoon.com/how/motiv.htm

左サイドMenu

プロフィール

May

Author:May
翻訳家。フリーランスになって24年。出版翻訳専門。京都府在住。

全記事表示リンク

メールフォーム

関心を持ってくださってありがとうございます。メールにはお名前をお書き添えください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。