翻訳家による翻訳できない言葉の話

日本語と英語の狭間で呻吟し、言葉を超えたものに思いを馳せる翻訳家のエッセイ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの英語はネイティブスピーカーに笑われてる?

他人の仕事にケチをつけるのは、あまり建設的ではないと思いますが、目に余る悪質な英語学習本があるので、今回はそれについて書きます。
タイトルは『爆笑! 英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語』です。じつは私はこの本を買っていませんし、読んでもいません。YouTubeのつぎの動画を観たのみです。




この本は、複数の英語ネイティヴの知人、しかも複数のアメリカ人(著者と同じアメリカ人)が、「間違いだらけの内容。読むべきではない」と言っています。

YouTubeの動画の内容だけを観てもでたらめだらけですし、著者が日本語のニュアンスをきちんと理解できていないこともわかります。この著者はGoodbyeは「死語」だと指摘し、Goodbye は日本語の「あばよ」のように聞こえてしまうと主張しています。

著者はGoodbyeは古めかしい表現だと主張したがっているようですが、そうであるなら「あばよ」ではなく、むしろ「さらば」と書くべきでしょう。Goodbyeは丁寧な表現ですから、「あばよ」は訳語として不適切です。

ちなみに、複数のアメリカ人がGoodbyeは死語ではないし、丁寧な言い方だから使ってもなんの問題もないと言っています。また、このYouTubeのビデオを観ると、著者はGood byeと綴っているようですが、Goodbye もしくは Good-byeが正しい綴りだと思います。まあ、こんな綴りは間違えても意味は通じるので、いちいち問題にすることはないのですが、この著者の態度があまりにも不愉快なので、ついついこちらも重箱の隅をつつきたくなってしまいます。

どうしてこんなにこの著者に対して腹が立つのかと言えば、「私の英語は不自然なんじゃないか? 意図が誤って伝わっていないだろうか? ニュアンスはちゃんと伝わっているだろうか?」という、日本人の至極まっとうな不安にこの著者はつけ込み、まったくのでたらめを吹き込んで商売をしているからです。

自分の英語がネイティブスピーカーの耳にどんなふうに聞こえているのか知りたいと思うのは当然ですし、文脈に合わない表現をもし使っているなら修正したいと考えるのも、すばらしいことだと思います。それなのにこの著者は・・・。

外国語を学ぶ上で一番むずかしいのは、文法でも発音でもなく、ニュアンスを正確に捉えることではないかと思います。英語が上手になればなるほど、ニュアンスに気を配る必要が出てきます。たどたどしい英語しか話せないうちは、細かいニュアンスをそれほど気にする必要はないと思います。というのも、あまり英語が得意ではないことが明らかな場合は、多少失礼な言い方をしてしまったとしても、相手は「この人は英語があまりできないから」と考えて大目に見てくれる可能性が高いからです。

ネイティブスピーカーから、「この人は英語がとても上手だな。かなり高度な英語を使う人だな」と思われるレベルに達してしまうと、まずい言い方をしてしまったような場合に、「この人は英語ができないから」と大目に見てもらうことがむずかしくなります。こちらとしては失礼な物言いをしたつもりはなくても、相手を傷つけるような表現を使ってしまったり、尊大に聞こえるような言い方をしてしまったりといったことがあり得ます。とくに電話や文章(電子メールなど)で表情が見えない状況ではなおさらです。

これは日本人同士が日本語でやりとりする場合も同じですよね。ちょっとした言葉遣いで相手を不愉快にさせてしまったり、友達との関係にヒビが入ったりということはあると思います。

でも振り返ってみれば、私の経験では、いったん仲良くなった外国人と、言葉の行き違いで仲違いしたことはありません。お互いに相手の失言を大目に見たり、好意的に解釈する態度が身についていたのかもしれませんね。

ただ、ある知人の英語を私が悪いほうに解釈して、勝手に腹を立てたことがありました。そもそもその人に対してあまりいい印象を抱いていなかったせいもあるのですが、恥ずかしいことに、自分の英語力不足に気づかずに、相手の優しい言葉を正反対の意味に解釈してしまったのです。

その人が言った言葉はこうでした。You don’t have to explain.
私が自分の決断を、その人に対して説明していたときのことです。私はそのとき、You don’t have to explainを、「説明する必要はないですよ(そもそもあなたの説明なんて聞きたくないから)」というふうに解釈してしまったのです。実際には、「説明しなくてもいいですよ(私に対して申し開きをしなければならない義務は、あなたにはありませんよ)」という意味だったのに。私がほんとうの意味に気づいたのは、何年も経ってからのことでした。映画だったか小説だったかのなかでこの表現が使われているのを見たときに記憶が甦り、「あ!」と思ったのです。

言葉は人間同士のやりとりですから、究極的には人間性の問題に行き着くような気がします。相手の間違いは大目に見つつ、自分の英語力を過信しないように謙虚に学びたいものですよね。

Trackback

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【 あなたの英語はネイティブスピーカーに笑われてる?】

他人の仕事にケチをつけるのは、あまり建設的ではないと思いますが、目に余る悪質な英語学習本があるので、今回はそれについて書きます。 タイトルは『爆笑! 英語コミッ

左サイドMenu

プロフィール

May

Author:May
翻訳家。フリーランスになって24年。出版翻訳専門。京都府在住。

全記事表示リンク

メールフォーム

関心を持ってくださってありがとうございます。メールにはお名前をお書き添えください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。