翻訳家による翻訳できない言葉の話

日本語と英語の狭間で呻吟し、言葉を超えたものに思いを馳せる翻訳家のエッセイ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話をしているときの頭のなか


わたしは通訳ができません。耳から入ってきた日本語の言葉を英語に翻訳しようとすると、はたと考え込んでしまって、なかなか英語が出てこないのです。ゼロから英語で話すほうが、通訳するよりもはるかに簡単です。

英語から日本語はいつも翻訳しているので、頭のなかに回路ができているのか、ある程度は通訳できます。けれど、一度こんなことがありました。友人のために簡単な通訳を引き受けたときのことです。アメリカ人の言った英語を聴きとってから、その内容を友人に向かって日本語で話すということを何度も繰り返していたのですが、途中で日本人の友人が、きょとんとした表情を浮かべたのです。わたしの言った言葉を、理解できていないようでした。

ややあってから、わたしは気づきました。わたしはアメリカ人が言った英語を、別の言い回しの英語で置き換えて、それを日本人の友人に向かって話したのです。つくづくわたしは通訳に向いていない人間だと思いました。

通訳ができる人の頭のなかはどうなっているのか、不思議です。また、通訳ができない自分の頭も、ある意味で不思議です。

通訳とは関係ないのですが、こんなこともありました。アメリカ人の知人と話しているときに、わたしの言った英語の意味がその人には理解できなかったらしく、「どういう意味?」と訊かれました。

とても知的で、教養豊かな人だったので、たしかにあまり使われない表現ではあるけれど、その人が知らないはずはないと思い、「ほら、よく言うでしょう? こういう英語表現、あるでしょ? 靴の上から足を掻くみたいだって」と、わたしは英語で続けました。けれどその人は、そんな表現は英語にはないと言うのです。そんなはずはないと言い張ろうとしてから、わたしは考え込みました。

Scratch one’s foot over one’s shoe...これ、ひょっとして、日本語? 靴の上から足を掻く・・・あっ、そや! 隔靴掻痒! えっ? 中国語? いや、日本語、日本語。隔靴掻痒の感あり、や。

われながら驚きました。

わたしは関西出身で、長年東京で暮らしていましたので、関西弁と標準語を同じように操ることができます。「国内バイリンガル」と、冗談交じりに言っていました。東京にいたときは、「関西出身だなんて、ぜんぜん気づかなかった」と言われるくらい、関西訛りを出さずに喋っていました。

それなのに、どういうわけか、英語を母国語とする人たちと日本語を母国語とする人たちが一緒にいる場所で、英語を話したり日本語を話したりを交互に続けるような場合、日本語が途中から関西弁になってくるのです。なぜそうなってしまうのか、いまもってわかりません。

また、関西に戻ってきた当初は、公の場所に出たときだけ標準語で話してしまっていました。市役所に転入手続きに行ったときなど、まるで東京の人間が関西に引っ越してきたかのように、係の方に標準語で話しているのです。どうやら、あまり親しくない人と丁寧な口調で話そうとするときに、標準語になってしまうようでした。丁寧な口調の関西弁で話すことを思いだすのに、少し時間がかかりました。

日本は方言が豊かです。首都圏で暮らしている地方出身者は、ほとんどみな「国内バイリンガル」でしょう。地元に帰っているのに、ついつい標準語で話してしまっていたという経験をなさった方は、ほかにも大勢おられるのではないでしょうか?

言葉を話すというのは、どういうことなのでしょう? 喋っているとき、頭のなかでなにが起きているのでしょう? どういう仕組みになっているのでしょうか?

左サイドMenu

プロフィール

May

Author:May
翻訳家。フリーランスになって24年。出版翻訳専門。京都府在住。

全記事表示リンク

メールフォーム

関心を持ってくださってありがとうございます。メールにはお名前をお書き添えください

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。